管理栄養士のリアルな食卓

リアルな食卓を紹介します。

写真は私が食べたものですが、子どもたちも基本は同じです。

小さく切ったりもしません、幼児食の年齢になったら、味付けは控えるけど、形状は同じと考えます。

2019年11月22日(金)

<朝>

ごまおにぎり卵焼きみそ汁・みかんヨーグルト

※子どもたちは午前のおやつはもうナシの年齢なので、朝ごはんに、果物かヨーグルトをつけてます。

<昼>子どもたちは給食

ごはん和え物水餃子の試作の残り

<夜>実家にて

餃子野菜のスープ煮ごはん(控えめ)

※餃子のときは、皮が炭水化物なので、ごはんは控えめにしてます。

2019年11月23日(土)

<朝>実家にて

トースト野菜のスープ煮(残り物)・スクランブルエッグ

※パン食のときもみそ汁もしくはスープ必須です。

<昼>お出かけに急ぎだったので手短に

ごはんクリームシチュー

※クリームシチューは米粉と豆乳を使うので、スープと同じくらいの時短レシピです。

<夜>

ごはんおろしハンバーグもやしと青菜の醤油麹和え・みそ汁・残り物の茄子

※ハンバーグはおろし煮込み、子どもたちはおろしソース少な目で塩分調整

2019年11月24日(日)

<朝>畑へ行く日は朝早いので…

車の中でおにぎり・みかん(車汚さない程度のもの)

<昼>畑帰りに、足立醸造さん主催のマルシェへ

発酵カレー・クレイジーバーガー・サンドイッチをみんなで分けました

<夜>

ごはんおでん間引き菜のごま和え・茄子の煮物

※おでんは、練り物中心だとバランス悪くなるので、多くならない程度に

2019年11月25日(月)

<朝>

じゃこえびおにぎりみそ汁・みかん

<昼>長女振替休日なので一緒に外食

かっぱ寿司にて、茶碗蒸し・お寿司5皿

<夜>

ごはんささみチーズ串青菜のごま和え・トマトスープ

※トマトスープは、おでんの残りの具とだしをリメイク

※ささみは、串にさして魚焼きグリルで焼いてチーズのせるだけ

2019年11月26日(火)

<朝>

のりおにぎりもずく納豆みそ汁・ヨーグルト

<昼>子どもたちは給食

Gomacroで講座後、ゴマクロ弁当

<夜>

ごはん鯛のあら炊き子芋高野煮切干サラダ・みそ汁

※あら炊きは子どもたちに不人気(笑)なので、高野豆腐が子どもたちはメイン

2019年11月27日(水)

<朝>

そぼろみそ汁

<昼>子どもたちは給食

仕事先でカキフライ定食

<夜>

ごはん山の芋の甘辛だれ・切干のごま和え・みそ汁

※切干の味付けは、しょうゆ少しとすりごまのみ、切干の戻し方と、和える野菜の下処理の仕方がポイント

2019年11月28日(木)

<朝>

おにぎり高野とわかめ煮残り物副菜・果物ヨーグルト

<昼>子どもたちは給食

試作のフォカッチャ豆乳ごま味噌鍋

<夜>

ごはん甘味噌チキン野菜・豆ひじき・みそ汁

※子芋は不人気なので、最後はみそ汁の具になることが多いです。

※チキンと添え野菜は、同じフライパンで一気に調理します。

 

・毎食3色が入るようには心がけますが、外食の日など不ぞろいになるときは前後で調整をしています。

・タンパク質は毎食必ず、大豆製品・魚・卵・肉とバランスよく摂り入れますが、どちらかというと魚を意識的に摂ろうとはしています。お魚が摂れてないときは、かつお粉をみそ汁に入れたり、和え物に混ぜたり、じゃこを食べたりしてます。

・おかずをおかわりして、主菜になるたんぱく源を食べすぎたなと思ったときは、翌日、米中心で消化状態をよくして調整します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です