料理することが楽しくなりました【サポートクラス卒業生のお声】

食×体で家族の笑顔を応援する

管理栄養士の木下麗子です。

 

食事作りの困った!解決フルサポートクラス

卒業生のお声を紹介します。

 

お料理することが好きだけど、産後思うように時間をとれず、離乳食は作っても食べてくれずで、お料理が楽しめなくなった。

はじめてお問合せをくださったときは、離乳食の時間が毎日泣くほど辛い…というお話でした。

 

このクラスでは、食卓作りは毎日のことだから、しんどいことを減らしていくためにどうしていこうか?を一緒に考えていきます。

 

毎日のお料理のしんどいポイントは人それぞれ。

子どもが好き嫌い多い…

献立を考えるのがしんどい…

買い物を減らしたい…

子どもが食べない…

調理に時間がかかる…

いろいろです。だから、答えは1つではないのです。

 

このレシピを使えば、お料理が楽になる!こうすれば子どもが食べるようになる!

そういう方法論を学んでいただくクラスではなく

今、そうである原因やそう思っている原因をしっかり見つめていただくクラスです。

 

根本原因が分かっていなければ、解決方法を提案しても解決にならないからです。

 

最初は、講座形式で進めますが、しんどい原因の洗い出しに時間を多く使います。

子どもたちの食育に大切な点はお伝えしますし、栄養バランスの話もしますが、

それぞれご家庭でここだけは大切にしたい我が家の食卓おふくろの味の考え、みたいなものを決めていただきたいと思っています。

 

子どもたちの食育は、食卓の一部です。

ママ・パパの食卓の延長線上にありますので、そこナシでは始まらないことが多いです。

 

そこまで見えてきたら、あとは実践。

時短になるテクニックや、献立を簡単に考えていくコツ、など、毎日の生活に落とし込んでいただきます。

お声をいただいたSさんは、離乳食のご相談がきっかけではありましたが、離乳食のことを手離し、ご自分を見つめる時間を最初にしっかりとった結果、サポート開始から半月ほどで配膳した食事はがらっと変わり、お子さんの様子も変化が大きく見えてきました。

 

ご感想全文はこちらです↓

◆サポートクラスに参加されたきっかけを教えてください。
もともと料理は好きだったのですが、産後時間に追われて料理を楽しめなくなりどちらかというと辛いと感じるようになっていました。また娘の離乳食もうまく進まず、ずっと悩んでいました。そんな時、先生と出会い、料理がまた好きになれるように、娘との食事を楽しめるようにサポートしていただきたいと思ったのがきっかけです。具体的には、子供大人共に楽しめる食事を時短で作れるようになりたいと思いました。
◆参加前と比べて変化はありましたか?
5 とてもあった
◆具体的にどんなことに変化を感じましたか?
1番大きいのは気持ちの変化です。料理をすることが楽しくなりました。時短でできるレパートリーも増え、娘にも取り分けることで時間も有効活用できるようになりました。また娘も大人のとりわけを盛り付けるようになってから食べる量も増え、娘の食事の悩みも解決しました。
◆サポートクラスをおすすめするとしたらどんな方におすすめしたいですか?
出産や仕事復帰など環境の変化により時間に追われて料理をすることが楽しめなくなっている方。料理が好きだったのに子供の食事で悩み自信をなくされている方。
◆最後に何かご意見がございましたらお書きください。
LINEでもお伝えしましたが、本当にありがとうございました!先生に初めてメールした時は毎食娘がぐずり私も泣きながら食事をしていた時でした。先生のサポートを受け、あの頃は全く想像できなかったような楽しい食事、料理ができていることが本当に幸せです。ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

 

現在は、グループで1月からスタートしたクラスが、実践に入りはじめています。

宿題があります(ご自身のペースでやっていただいたら大丈夫です)ので、その内容を見せていただき、心の変化、気付きがあったかどうか、こちらで確認し、フォローしながら進めています。

4ヶ月という講座期間ですが、サポート体制もありますので、しっかり自分を見つめる時間を多くとっていただけるといいなと思っています。

 

5月スタート生は、4月に募集を開始予定です。

先行案内ご希望の方は、申込みフォームもしくは、LINEからお問合せください。

「お料理の困った!フルサポートクラス」の詳細はこちら

 

HANKYU HANSHIN E-STORES