夏休みは親子パンクッキング

 

選ぶならどのパンがいいですか?
とご質問いただくこともよくあります。

エネルギーとなる炭水化物を摂る

という意味では、
砂糖があまり多くないものがいいと考えますが、
市販パンの栄養表示は、

「炭水化物」と、

食物繊維も、糖質も、糖類も、
合算されたものしか見えないので、
どれがエネルギー源として良いのか
分かりにくくなっています。

原材料表示もしっかり見て、

「糖」

とつく材料が、
はじめの方にないものを選ばれるのがいいかな
と思います。

パンで砂糖が含まれないものは
フランスパンくらいと前にお伝えしましたが、
袋に入ったスーパーにあるフランスパンは、
砂糖が含まれているものがけっこう多いです。

どれがおすすめかと聞かれて、
○○の何パン、
とスーパーのパンから選択するのは難問です(笑)

信頼できそうなパン屋さんで買うか、

スーパーで買うなら、
たまにだからいいか!と割り切るか、

自分で手作りしてみるか、

が私の答えです。

パン作りに必要な道具類が特になくても
簡単に焼けちゃうパンがたくさんあります。

子どもたちも、
パン初心者の方も、
こんなに簡単においしいパンって焼けるんですね、
と言ってくれます。

 

おやこパンクッキング!
夏休み企画として、
7月、8月は平日に開催します。

一度作ると、
パンは休日のお楽しみ♪
という感覚になるかもしれません。

乳幼児期は、
ごはん(米)をしっかり食べる習慣があってこその、おいしいパン!
だといいなと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です