鳥取県までキャンプをしにいった理由は・・・

 

 

皆さんGWの10連休はいかがでしたか?

 

私は1泊だけですが、キャンプに行ってきました。
目的地は鳥取県

 

なぜ、ここを選んだかというと
行きたいお店があるからです!!

年に一度くらいは、
こうしてお店を中心に
鳥取岡山県境あたりを探索しています。

そのお店は「タルマーリー」

パン屋さんです。
鳥取県智頭町という山に囲まれた場所に
ある夫婦で経営されるパン屋さんです。

田舎ですが、
連休中は並ばないと入れない人気店です。

私が酒種のパンを覚えた頃、
たまたま雑誌で紹介されていたのが目にとまり、
店主のいたるさんが書かれた
【腐る経済】という本を読みました。

そこには、経営者である、
いたるさんとまりこさんの出会いから、
タルマーリーが智頭町に着地した理由、
麹のこと、
経済論まで綴られていました。

 

価格競争の末に
うまれた歪んだ食品事情を
会社員時代に目の当たりにし、
そこからいたるさんの
食へのこだわりははじまったそうです。

食材には
こだわり抜いた安心できるものを、
妥当な価格で提供する、
その当たり前だけども
今は薄れてしまったことを、
自分たちがはじめよう、
タルマーリーというカタチで。

 

食に携わるものとして
共感しながらも難しい現実だと
思っていることを実現されている憧れ、
食材へのこだわり方に衝撃を受け、
これは行ってみてみたいと、
4年前くらいが最初の訪問でした。

私の知るこの4年でも、
確実に毎年進化し、
幅広い年齢に支持されるお店、
町になっています。

https://www.instagram.com/p/Bw_fE9ZgKkf/?igshid=1sa97ang8fp4f

スタッフは家族あってのこと、
をモットーにされているご夫婦で、
ときには赤ちゃんをおんぶされた方、
ときには子どもたちが、
お皿を運んだりしています。

忙しいお店ではありながら、
みんなが幸せそうでほっこりと安らぐお店です。

私にとっては、
パンのほんとうの姿はこうなんだな
と安心するというか、
確認するための時間にもなっています。

皆さんも機会があればぜひ!
どんな本か知りたいなという方は、
教室にありますのでお声がけくださいね。

タルマーリーについてはこちら↓
https://www.talmary.com/about-us

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です