私的果物おすすめランキング!!

 

果物の話の続きです

 

果物の1日あたりの適量は
大人 200g
幼児(3~5歳) 100g
でしたね。

果物は食べたほうがいいものなんですが、
摂りすぎもよくありません。

その理由を前回までにお届けしました。

今日は、じゃあどの果物がおすすめなの?
という話です。

結論をいうと、
それぞれの果物には、
栄養価の特徴がありますのでまんべんなく色々食べてください。
という答えになります。

特に果物は、「旬を感じやすいもの」
その時期においしい果物を選び、
楽しんでほしいなと思います。

でも、
気になると思いますので、
私目線のおすすめを
ランキング形式でお届けしていきたいと思います。

第3位 キウイ
ビタミンCや葉酸の値が高く、甘すぎない点
なおかつ、忙しい朝に切ったりむいたりの
手間が少なくて済むこともママ目線でGood

第2位 みかん、オレンジ
こちらもビタミン類摂取には貢献してくれます。
バナナと比較するとカロリーも糖質も約半分。
子どもたちが少々食べすぎても食事に響く影響は軽め。

第1位 いちご
旬の時期限定にはなりますが、
ビタミンCや葉酸は果物の中ではトップレベルです。
すぐ食べられる点では文句なしの1位です。

あくまで個人的な目線なので、
忙しい朝に登場させやすいものがやや濃厚ではありますが、
おすすめランキングでした。

あと、りんご王子のりんごもおすすめ!
むかなくても皮ごとおいしいりんごです(^^)
https://instagram.com/ringo_ouji?igshid=2f7ozl93s2vx

甘みの強い=糖質の多いものは、
バナナ、マンゴー、ぶどう、かき、あたりです。
このあたりは、量や頻度に気をつけながらも、
バランスよく取り入れましょう!

*****

子どものおやつ教室開催してます!

子どものおやつは食事の延長です。

何をどれくらい食べるのがいいのか?
市販のおやつはいつから?
砂糖って必要なの?

しっかりごはんを食べるためにも、
おやつの位置付けはかなり重要です。

果物もそのひとつ。

教室にぜひご参加ください!

https://reserva.be/kitchenchura

丈夫なカラダに育つ秘訣は、離乳食にアリ!
離乳食教室も開催しています!

*****

パンのメルマガも配信中。
【食卓で活かせるパンと発酵の話】
https://kitchenchura.com/archives/812

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です