【離乳食レシピ】豚肉と大根の煮物からのとりわけ離乳食

 

今回は離乳食レシピのお届けです(^^)

担当は、管理栄養士ちさ。
以前も紹介しましたが、私の強い味方です。

後期食頃になると、
回数も増え、食べる量も増えてきたら、
なおさら取り分けで離乳食は
簡単にしていきたいところ。

取り分けは、
ママの炊事の手間を楽にするだけでなく、
離乳食を特別にしない、
「家族の食卓の中にある一部」を実現してくれます。

赤ちゃんは、家族の食卓を見て育ちます。

家族がそろって食事をすることの意味、
これまでもお伝えしていますが、本当に大事です。

個食から共食へ。

離乳食を完了するまでに必ず、「共食」を赤ちゃん自身が感じられる食卓にしていきましょう。

それでは、レシピのご紹介です!

*****

ビタミンミネラルは、
お肉に多く含まれている栄養素です。
その中でも
豚肉にはビタミンB1などのビタミンB群や
亜鉛、鉄分、カリウムなどが豊富に含まれています。

ビタミンB1は
疲労回復効果や代謝に必要な栄養素のひとつ!!
離乳食期から、
積極的に摂るように心がけるとよいですね!!

[後期から食べられる豚肉と大根の煮物]

材料
出汁 500cc
豚肩ロース 1パック
人参 1本
大根 1/3本
しめじ 1パック
醤油 大さじ1
みりん 大さじ1

↓ここから取り分ける離乳食

* 出汁 50cc
*豚肩ロース 20g
*人参 15g
*大根 15g
*しめじ 5g
水溶き片栗粉 小さじ2

☆しめじなどのきのこ類は繊維が多いので
後期後半くらいからの取り分けがおすすめです

①出汁に材料を入れ柔らかくなるまで煮る
②調味料をいれる前に取り分ける
③材料を月齢に合わせて刻む
④鍋に戻して出汁で煮る
⑤火を止め水溶き片栗粉を加え、
とろみがでるまで煮る

大人は②のときに調味料を加え煮込む
甘めが好きな方はみりんを多めにしてみてください。

動画はこちら↓

https://youtu.be/X856y8fNuog

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です