パンを焼く時の塩は必要か?

 

ベーグルレッスンがスタートしました!

茹でないけど、
ベーグルのむぎゅっと食感を出すにはどうしたらいいのか??

 

試食では、デモした茹でる、茹でないの
ベーグルを食べ比べいただきます。

私: 違いはどうですか?

皆さん: 見た目にやや違いはあるけど、
食感はほぼ変わらないですね。

という感想でした(^^)

酒種のベーグル、本当においしいです!

残りのレッスンは満席ですが、
リクエスト開催は受け付けますのでお問い合わせください。

今日は、材料の話に戻ります。

メルマガの最初にお伝えしました、
パンをつくるために最低限必要な材料は?

小麦粉、塩、酵母、水、でした。

ないといけない?なくてもいける?
をお伝えします。

減塩とか無塩パン

というものも最近では見かけるようになりました。

結論からいうと、

無塩パンは作れます。

が、やや工夫がいる

 

その詳細をお届けしていきます。

まず、塩の役割を知りましょう。

①味をつける

②グルテンを引き締める

③酵母の活性を抑制する

の3つです。

ないと、どうなるか、

①味がない
こちらは、
酒種なら旨味がしっかりあるので無塩でもおいしくできます!

市販のパンには、
甘みとのバランスもあり、
塩分もしっかり含めたものが多く存在します。

酒種なら、
全体的に塩分減らしてもおいしくできあがるので、
減塩パンは十分可能!

続きの理由は、また後日。

 

○○○○○○○

お料理やパンを新たに習い事として
はじめてみたいなという方にお知らせです。


‪4月20日(土)までのお得情報!!‬

動画レッスンにお申込みいただいた皆様
そして、
対面レッスンパンチケットをご購入の皆様

全員に、

前回のメルマガで強力粉は最初は同じもので練習あるのみ!
とお伝えしたように・・・

レッスンで使用している強力粉

「春よ恋」1㎏

プレゼントいたします!!

 

動画レッスンについてはこちらから↓
https://kitchenchura.com/archives/682

対面レッスンについてはこちらから↓
https://kitchenchura.com/jikaseipan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です